読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

東京の夏祭りに情緒はあるのか?

夏ももうすぐ終わる。 9月になっても蒸し暑い日は当分続きそうだが、なぜか9月に入ると夏は終わったという感じがする。 普段、出不精の私も、夏になると山やら川やらに出かけるようになる。ついでに近所の夏祭りに寄ったりもする。 ただ、毎年、夏祭りに出か…

Soundscape - 音という風景

Soundscape ecology It focuses on the study of the effects of the acoustic environment on the physical and behavioral characteristics of those organisms living within it. It has occasionally been used interchangeably with the term, acoustic…

桜の森の満開の下には

桜の樹の下には、ぶるーしーとが敷きつめられている! 桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子をたべて花の下を歩いて絶景だの春ランマンだのと浮かれて陽気になりますが、これは嘘です。なぜ嘘かと申しますと、真っ青なシートと真っ赤な三角コーンを桜の…

巡回販売による被害をなくすために

*巡回販売の定義 前回の記事で地域に対して責任を持たない巡回販売が悪質化、犯罪化しやすいことを指摘した。 blogboyo.hatenablog.com 今までまったく野放しにされてきた巡回販売を法的規制の対象として検討すべき時に来ているのではないか。戦後の日本は…

悪質化、犯罪化する巡回販売

*ようやく始まった環境省による廃品回収業者指導 平成22年11月、ようやく環境省が、近年、詐欺や恐喝行為により社会問題化している廃品回収業者に対して対策を行い始めた。以下は、11月15日付けの時事通信の記事である。不用品回収業者に立ち入り検査を 自…

拡声機の商業利用に法的規制を!その2

*拡声機使用の公益性(笑) 前回の記事で、拡声機の商業利用に法的規制をかける上で、政治的あるいは法律的に問題になりそうな点を検討した。今回は、その社会的意義について検討したい。 拡声機を使用した商業行為を規制しようとする際、生活環境の保護と…

拡声機の商業利用に法的規制を!

住宅地域において拡声機やスピーカーなどを使用することは、明らかに異常な行為だ。しかし、日本ではそれが当たり前のように認められてきた。議会も行政も、廃品回収車や灯油の巡回販売など拡声機を使用しながら住宅街を徘徊して回るような世界でも類を見な…

拡声機騒音に関する条例を調べてみた

*生活音以外の騒音が溢れる国 街中には、近隣から発生する生活音、工事現場から生じる作業音、交通に伴う振動音など生活環境を破壊しかねない音が溢れている。これらの音も規制値を越えた音量が生じれば、「騒音公害」と認定できるだろう。 だが、これらの…

廃品回収車などによる騒音被害には110番を!

廃品回収車の騒音に関して、中野区に問い合わせてみた。生活環境分野環境公害担当の方のお話では、廃品回収車による騒音に関しての苦情は非常に多いらしく、毎年100件を超える苦情が区に寄せられるらしい。そこで区の方でも取締りのための巡回を実施している…

廃品回収車による騒音被害

*騒音を撒き散らす廃品回収車 大音量を撒き散らして毎日のようにやってくる廃品回収車。「いらなぐなっだぁー、でぇーぞーこぉ、えぁこぉん…」とおっさんの濁声から「こひぃらふぁ、ふぁいひぃんくわいしゅ~しゃれぇ~す。」と甘ったれた感じのアホな女の…

若宮健『パチンコに日本人は20年で540兆円使った』 (2012)

2012年刊行。 著者は、日本のメディアが一切、報道しなかった韓国でのパチンコ全廃をいち早く取材し、著書としてまとめた若宮氏。本書では、パチンコをめぐる日本の現状を解説している。*世界最大のギャンブル大国日本 マカオでのカジノ業界の売り上げは、2…

若宮健『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』 (2010)

次回作に期待*日本で報道されなかった韓国のパチンコ全廃 パチンコ産業では韓国・北朝鮮資本がほとんどを占めていることは、一般に良く知られていることだが、韓国がパチンコを全廃したという事実はこの書籍が出版される以前はほとんど知られていなかったよ…