読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

Mortimer J. Adler 『本を読む本』 (1940)

晴筆雨読

*批判的読書のために
 原著は1940年の刊行。
 戦前の古い著作で、教養主義的な読書論を展開した本ではないかと思って長年読むのを敬遠していた。だが、古書店で安く手に入ったのでふと読んでみたら、批判的読書critical readingの基本を説明した実践的なものだった。時代背景もあって若干の教養主義的な色合いは感じるが、読書をいかに有効でかつ意義のあるものにするかを体系立てて説明していて、教育的な内容になっている。

 現在の多くの読書術が、速読や効率性を重視し、知識を習得する上での要領の良さを重視しているのに対し、本書で紹介されている読書術は、読書によっていかに自分の価値観を築き、見識を広めていけるかという点を重視したものだ。批評精神の確立に重点を置いたもので、西欧の伝統的な批判的読書critical readingの方法論を説いている。

 読むべき本を見つける点検読書に始まり、著者の意図を正しく理解し、概要を把握するための分析読書、さらににそこから自分で主題を見つけて探求していくシントピカル読書へと段階を追って高度になっていく読書術を丁寧に解説している。
  特に分析読書の最終段階として、著者と対峙することの重要さを強調している。つまり、著書に対して読者が批評し、評価を与えることだ。これは感想文とは違う。論点を整理し、どの点においてどう評価するのか、その根拠は何かを自分の中で明確にする。そして著者は、批評をする際の知的礼節にも言及している。
 こうして批判精神を育てることで、自らの価値観を確立していくこと、それではじめて読書が自分のものになったと言えるのだろう。

*日本における国語教育の問題点
 こうした読書術は、本来学校教育で教えられるべきものだと思う。日本の国語教育は、文学作品の鑑賞が中心で、感想文を書かせるだけのものになっている。文章の客観的な把握や評価が蔑ろにされて、論理よりも情操教育を重視している。しかも感想文を書かせるのであれば、多様な考えや意見が出て当然だと思うのだが、道徳的、社会的に許容される意見のみ書かせるように教師が誘導していたりする。結果、型にはまった優等生的な回答ばかりになる。こんなのはっきりいって国語教育ではない。

 話が横道にずれたが、読解というのは、著者の意図と論点を正しく把握するための技術であり、批評というのは、評価を与えることで自らの価値観を築いていく行為のことだ。こうした読解と批評のための技術があってはじめて批判的読書が可能になる。本書はその入門書として優れたものだと思う。

*最後にちょっと翻訳について
 本書の中で唐突に「シントピカル」という言葉が出てくるが、何か適当な訳語は思い当たらなかったのだろうか。「共主題」とか何か訳語を作っても良かったように思う。すぐに意味不明なカタカナ語を使うのは、非常に安易な態度のように感じる。

 また本書の邦題も「本を読む本」という凝った(こじゃれた?)ものを付けているが、こうした含蓄を楽しむような文学趣味が日本の国語教育を貧相にしているのであって、誤読や自己流解釈を排して、客観的な評価を与えられるようにするための読書技術を紹介している本書には似つかわしくないだろう。
 単純に「読書のための技術」(原題はHow to read a book)とでもした方が、著者の本来の意図にかなっているように思う。

 最後に少しケチを付けてしまったが、翻訳は読みやすく、原書の内容もすばらしいものだ。ぜひ、一読をお勧めする。

本を読む本 (講談社学術文庫)

本を読む本 (講談社学術文庫)