読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

酒井邦嘉著『言語の脳科学』 (2002)

科学半解

チョムスキー理論は脳科学によってどこまで証明可能か
 2002年刊行。
 脳科学が言語処理に関する脳機能のどこまでを証明できているのか、当時の研究成果を解説している。言語処理における脳の機能局在、モジュール仮説、プラトンの問題など、脳科学が主要な課題としているものが分かりやすくまとめられている。

 本書では、言語障害の事例分析やMRI技術を用いた実験から、言語が統語、意味、音韻のそれぞれ独立の情報処理機能の複合として成立していることが仮説として提唱されている。著者は、チョムスキアンの立場から、この仮説が、将来的にあらゆる言語を生みだす法則の証明にまでつながると考えているようだ。

 しかし、本書を読んでも分かる通り、現在の脳科学が証明できていることとは、脳の機能局在というところまでだろう。機能局在は、物理的な存在としての脳が、言語処理の際に、「特定の部位が特定の機能を担う」ということを説明しているに過ぎない。脳が分担的に役割を果たしているということは、物理的な現象であるから「脳機能の普遍性」と呼ぶことができる。

 だが、機能の普遍性は、言語の普遍性ではない。脳の機能局在説は、多様な言語表現を可能にする普遍的な言語規則の存在を証明していることにはならない。
 つまり、物理的な脳機能の普遍性と、多様な言語表現を統一的に情報処理する「言語規則の普遍性」との違いが不明確なまま議論が展開されていて、脳科学チョムスキーの普遍文法のどこまでを証明できているのかがわかりにくくなってしまっている。

 普遍文法の知識、すなわち、現実の言語運用の場面で多様な形式で現れている言語表現を統一的に処理している脳の仕組みは、現在の脳科学ではまだ全く未知の領域だ。その点が解明されるまでは、脳科学からチョムスキー理論を裏付ける試みは成功したとは言えないだろう。本書に限らず、言語の脳科学に関する本を読む際は、この点を考慮しながら読むべきだと思う。

言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか (中公新書)

言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか (中公新書)