読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

樺山紘一『ルネサンス』(1993)

晴筆雨読

*近代性の裏に隠れたルネサンスの異なる側面
 19世紀中葉にミシュレーとブルクハルトによって作り上げられたルネサンスという歴史の見方に対して、20世紀になるとフランセス・イェーツなど、ルネサンスに対して異なる歴史の見方を提示する試みが行われるようになった。
 そこでは特に中世との連続性が注目された。アメリカの歴史家C・H・ハスキンズは14、5世紀のルネサンスに先立つ12世紀には、ルネサンスと同様の歴史的運動があったとして「12世紀ルネサンス」を提唱した。
 暗黒と呼ばれた中世に対して光が当てられる一方、ルネサンスに対しては、ペストの流行による死への恐怖、新プラトン主義や錬金術、狂信的な魔女狩りなど、その近代性の背後に色濃く残っていた暗い影が注目された。

 本書もそうした学問の流れを追っている。近代の曙としてのルネサンスではなく、主にルネサンスにまとわりついた非近代性に焦点を当てている。

ルネサンスの始まり
 1550年、フィレンツェの建築家、ジョルジョ・ヴァザーリが『イタリアの至高なる建築家、画家、彫刻家たちの生涯』という書物を出版した。ヴァザーリは、中世のキリスト教建築をゴシックと呼び、1250年頃からイタリアのトスカナ地方を中心に古代ローマ風の建築を復活させる試みが現れ始めたことを指摘している。この書物は、当時のイタリア人の中に「古代復興」の意識があったことを物語っている。

 1348年には、ローマで古代ローマの栄光を復興しようとする政治運動も勃発している。当時南フランスのアヴィニョンにいた法王をローマに連れ戻そうとする運動だった。首謀者の名をとって、リエンツォ事件と呼ばれる。
 ローマ法王庁は15世紀になってローマに帰還する。法王ニコラウス5世は、1450年キリスト教の式年にあわせて、古代建築に倣ったローマの都市改造を行った。

 古代ギリシア文化の復興もまたイタリアで始まった。1394年、クリュソロラスという聖職者がビザンチン皇帝より派遣され、ローマを訪れる。イスラムの脅威に対する救援を求めるための来訪だった。この来訪はイタリア各地に西欧文明への防衛意識とギリシア熱を生む。
 ビザンチン帝国の公用語ギリシア語であり、ビザンチン文化を守ることと古代ギリシア文明の復興は同じようにして受け止められていく。14世紀末からはオスマン帝国の軍事的圧力によって、ビザンチン帝国から多くの学識者が亡命してくる。亡命した多くの学者たちによって、古代ギリシアについての研究も進められた。
 このような社会的背景が、イタリアをキリスト教文化の束縛から離れた人文主義の中心地へと発展させていった。

*多様な姿としてのルネサンス
 しかし、この人文主義の発展には、それを支える要素と押し戻そうとする流れが交錯していた。1347年、南イタリアでペストが流行する。49年には一度収束するが、その後も断続的な流行が14世紀を通じて発生する。ペストの流行は、イタリアの人々に死の観念を強く植えつけることになる。それは、現世主義と個人主義を生む下地となった。
 また、イタリア商業都市には、商人的合理主義に由来する個人主義もまた存在した。商業的冒険主義とその一方で、リスクを管理するための保険、会社、簿記、手形、為替といった商業技術も進展した。
 イスラムビザンチン文化からは、占星術錬金術についての知識が伝わってくる。それとともに15世紀後半、フィレンツェの哲学者フィチーノによって神秘主義のよりどころとなった『ヘルメス文書』が翻訳されヘルメス主義が広まる。彼はさらに『プラトン神学』を著し、新プラトン主義の流行を作り上げていった。

 こうしたさまざまな要素がルネサンス文化の背後にはある。このようなさまざまな要素が、ルネサンスの多様な側面を生み出している。
 歴史とは連続的なものだ。ルネサンスを境として、中世と近代が区分されるのではなく、中世から近代への移行は、時に逆行しながらも断続的に進展したはずだ。本書で取り上げられるさまざまな歴史的事実は、ルネサンスの持つ中世的な面と近代的な面の両面を照らし出している。

 本書は、ルネサンスの全体的な歴史像を描くといったような歴史書ではなく、ルネサンスにまつわる逸話を集めた断片集といった感じだ。しかし、ルネサンスの多様な側面を描き出していて、興味深いものだった。

ルネサンス (講談社学術文庫)

ルネサンス (講談社学術文庫)